3D/CADシートワークスでの板金展開。

0歳でも安心!ステンレスを京都からぷろでゅーす 社長です。

 

今回は、板金展開の方法をご紹介。

ステンレスの板を切ったり、曲げたり、溶接して

組み立てるのが私たちのメインの職業です。

 

その準備段階で必要なのが、CADと言われるコンピュータソフト。

IMG_1384a

 

数年前まで2D/CAD、いわゆる2次元(X,Y方向のみ)を使用。

2013年から、3D/CADの3次元(X,Y,Z方向まで)コンピュータソフト

:シートワークスを活用始めて4年経過しました。

 

完成形からすべて部品を1個1個ばらして展開

(切断・曲げの段取りをする)してくれる優れものです。

 

 

キッチン生産の分野でも、早く間違いない商品が出来上がるようになりました。

ミス発生率は10%→5%以下まで削減できております。

IMG_1385a

 

上記のデータで、下記のキッチンが出来上がりました。

image3

お客様にも確認いただくのにも活用しております。

職人上がりの私には、若い社員さんが手軽に扱えないのですべて任せております。

本当に弊社の社員は器用な方々ばかりなので、是非ご安心を。

社員さん、いつもありがとうございます。

********************************************

2017年11月、南港ショールームに新しいキッチン展示しました。

大阪南港ATCの9F IHPC(輸入住宅促進センター)へぜひ!

IMG_7088